日高青少年自然の家では、豊かな自然と充実した施設で、自然体験やスポーツ・アウトドア活動、クラフトなどの体験活動や各種研修等を行うことができます。

活動に必要な用具の貸出や研修室、食堂も完備しており、学校利用の他、成人の利用も可能で、家族やサークル、企業研修等での利用もお待ちしております。

ひだかクリップ

10/11~13に、体験活動指導者セミナーが行われました。講師のかたの講義と、木を削った作品の制作やツリークライミングなど、普段なかなかできないような自然体験で、充実した3日間となりました。(10/13)

最近の気温

(週間予報より)

10月中旬
最高気温

15度

最低気温 6度

トピックス

『サイエンスフェスティバル』参加者募集のお知らせ(2014年10月18日)

12月6日(土)~7日(日)開催のサイエンスフェスティバルの募集を開始しました。
申込締切は、11月17日(月)17:00です。
今年のテーマは「宇宙」。たくさんのご応募お待ちしております。

詳細はこちら

『フットサルフェスティバル』参加チーム募集開始のお知らせ(2014年10月15日)

11月29日(土)~30日(日)開催のフットサルフェスティバルの募集を開始しました。
申込締切は、10月31日(金)です。たくさんのご応募お待ちしております。

詳細はこちら

「ピリカ・カムイ~カムイからの贈りもの~」参加者募集のお知らせ(2014年10月07日)

11月1日(土)~3日(月・祝) 開催のピリカ・カムイ~カムイからの贈りもの~の募集を開始しました。
申込締切は、10月20日(月)です。
アイヌ文様のきり絵やアイヌ料理づくりを体験してみませんか?

詳細はこちら

お知らせ・お願い

「子どもゆめ基金」平成27年度助成活動募集のお知らせ(2014年10月18日)

「子どもゆめ基金」では、子どもの健全な育成を図ることを目的に、
① 子どもを対象とする体験活動や読書活動
② ①の活動を支援する活動(フォーラム等普及活動や指導者養成)
③ ①の活動を支援・補完することを目的とした教材開発・普及活動
に対する助成を行っています。

現在、平成27年度助成活動の募集を行っていますので、ぜひご申請いただくとともに、
関係団体等にもご周知ください。
申請方法は、郵送の他、電子申請システムによる申請もございます。ぜひご利用ください。

○問合せ先:独立行政法人国立青少年教育振興機構
         子どもゆめ基金部助成課助成第二係

        TEL:0120-579081 FAX:03-6407-7720 E-mail:yume@niye.go.jp

詳細はこちら

「イランカラプテ」キャンペーンへのサポーター参加について(2014年3月11日)

今後、当自然の家では 「イランカラプテ」という言葉を広めるなど取り組みをはじめ、アイヌ文化の発信等に関する活動を展開していこうと考えております。その第一歩として「イランカラプテ」キャンペーンにサポーターとしての登録をしました。

「イランカラプテ」キャンペーンのHPはこちら

消費税増税に伴う食事料金、野外炊事、教材・活動用品の料金改定について

平成26年4月1日からの消費税法等の改正に伴い、5%から8%へ消費税率が引き上げられることから、当自然の家の食事料金、野外炊事、教材・活動用品の料金を改定することとなりました。

詳細はこちら

「体験の風をおこそう」普及推進運動

近年、社会が豊かで便利になる中で、子どもたちの自然体験、社会体験、生活体験などの体験が減少している状況を踏まえ、子どもたちの健やかな成長にとって体験がいかに重要であるかを広く家庭や社会に伝え、社会全体で体験活動を推進する機運を高める運動です。

詳細はこちら

平成26年度及び平成27年度利用の受付について

平成26年度利用及び平成27年度利用(平成26年4月1日から平成28年3月31日まで)の受付を電話等で行っています。
宿泊研修や合宿等をご検討の方は、お気軽にご相談ください。

詳細はこちら

講師室利用料の負担について

平成25年4月1日より講師室利用料をご負担いただくこととなりました。

詳細はこちら

震災関連情報の提供について

東日本大震災の被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。当施設でも募金を行っていますのでご協力お願いします。なお関連情報については、下記において情報提供を行っております。

首相官邸ホームページ(災害対策ページ)<外部リンク>

文部科学省ホームページ<外部リンク>

活動中の事故防止

体験活動中の事故防止のため当自然の家の判断で活動を中止・変更させていただくことがあります。活動中は天気の変化や体力の変化に気を配り、無理のないよう留意下さい。また、団体の指導者は活動前後だけでなく活動中にも適宜点呼を取り人数把握に努めていただくほか、登山等は事前の下見をおすすめいたします。

taikennnokaze