省エネへの取組

取組の概要

 当自然の家では、光熱水費の無駄を少しでも減らし、その残額を暖房時間の延長や必要な備品の購入などとして、利用者の皆様に還元する取組を行っています。

 このため、施設職員としてできることのほか、利用者の皆様にも、省エネの取組に御協力いただいております。

 利用する皆さんが快適に生活できるよう、是非御協力を御願いします。

省エネで実現できた主なこと

設置したテレビの写真 皆様に御協力いただいた結果削減できた経費をもとに、利用いただく皆様により有意義な研修や快適な生活をしていただくための取組を行っています。

 これまでに、大きな取組として下記のようなことが実現できました。

  • 利用者共用情報テレビの設置
  • 食堂幼児用椅子の追加

施設側の主な取組

1 全体的な取組

  • 省エネパトロールの実施 ~ 昼休み時間の不要なエネルギー削減のため、事務室等を中心に見回りを行っています
  • 合わせて利用の皆様の研修実施時間中、宿泊棟を巡回して不要電気の消灯を行っています。職員が宿泊棟の共用部分に立ち入ることがありますのでご了承下さい
  • 使用光熱水使用量を毎月の会議で確認し、無駄がないかを確認しています
  • 備品等の購入に際しては、省エネルギー性能の良い物や環境に優しい物を選択しています

2 電気料の削減に向けて事務室の省エネの様子

  • 事務室の不要電気消灯等 ~ 日中の電灯の最低限の点灯や、お昼休みの電灯の消灯及びパソコンモニタ電源を切ること
  • 研修室及び活動場所以外の設置電灯数の適正化 ~ 利用者の活動場所の光量は確保しつつ、廊下や宿泊棟共用部分(トイレや洗面所等)の設置電灯数を見直し、適正な配置数としています

3 暖房費の削減に向けて

  • 事務室内の設定温度の見直し ~ 事務室内の温度設定を見直しました。職員は冬期間フリースジャケットを着用し、暖かい格好で執務にあたっています
  • 冬期間のドアの開け閉め ~ 冬期間のドアやシャッターのこまめな開け閉めに心がけています

4 水量削減に向けて

  • 主要トイレへの擬音装置の設置 
  • 水道蛇口の水量の適正化

5 その他の経費削減に向けて

  • リサイクルトナーの活用
  • 片面印刷用紙の裏面再利用
  • 使用済み封筒の再利用

 

利用者の皆様にお願いしていること

1 研修中の宿泊棟の消灯、研修室の消灯等

  • 研修中、宿泊棟から出るとき、消灯をお願いします。特に共用の階段部分の消灯忘れが目立ちます
  • 研修室を使い終わりましたら電気や機材の消灯をお願いします。昼食時など、研修室を使わない時間は消灯に協力願います。冬期間は暖房を切る必要があるため、事務所にその旨をお知らせ下さい

2 冬期間のドアの開閉等

  • 冬期間は暖房効率を上げるため、宿泊棟や会議室のドアをこまめに閉めるようお願いします
  • トイレの使用後は、保温便座のふたを閉めるようお願いします

3 活動中及びトイレやお風呂での節水

  • 活動中も節水に御協力下さい
  • 入浴中のシャワーや蛇口の水をこまめに止めてください
  • 入浴は引率の教諭や指導者も、標準生活時間の入浴時間内に入浴できるよう計画下さい