お天気情報

お天気情報ページへのリンク(外部リンク、新規ページが開きます)

<ご注意>

天気予報は通常生活する場所における天気を表しています。

登山の場合の天気とは大きく違うことがありますので、山岳登山を行う方は必ず山岳部の天気予報を入手いただくよう強くおすすめいたします。

 

 

その他の気象関係情報ページ

 

日高の気候の概要

最高
気温
最低
気温
平均
気温

平均

風速

最深
積雪
1
-1.1 -10.8 -6.0 1.1 71
2
0.6 -9.3 -4.3 1.9 72
3
5.4 -4.8 0.4 1.7 114
4
11.9 -0.3 5.8 1.8 20
5
18.7 4.4 11.8 1.8 1
6
20.9 10.0 15.2 1.7 -
7
25.9 15.3 20.2 1.6 -
8
25.8 15.8 20.1 1.6 -
9
21.3 11.2 15.7 1.6 -
10
13.0 1.9 7.3 1.9 3
11
7.2 -2.4 2.4 1.7 22
12
1.4 -6.3 -2.5 1.4 17

 日高地方は、日高山脈の麓に位置し、かつて「北海道の軽井沢」と称されたほどの冷涼な気候が特徴です。

 夏場は、自然の家のすぐ横を流れる日本一の清流「沙流川(さるがわ)」を活用した川下りのほか、「さんごの滝」へのハイキングや軽登山など、涼しい気候を生かした活動的なプログラムが可能です。

 また、風も弱く、特に夏から秋口にかけては、涼しく、安定した気候と相まって、スポーツ合宿での利用にも向いています。

 一方、冬季は、氷点下20度の一面銀世界。

 厳冬期の早朝は、運が良ければ、スノーダストも見ることができます。また、朝方は、樹木に霜がつき、幻想的な真っ白の世界が広がります。

 そしてなんと言ってもその、雪質。降り積もる雪は、雪玉が作れないほどの「サラサラ」のパウダースノー。

 北海道でもこうしたサラサラ雪は、本当に寒い地域でしか味わえません。 

 この雪を活かして、隣接するスキー場には、道外の学校からもスキー研修に訪れるほか、パウダースノーだからこその雪中ハイキングや冬季野外泊も体験できます。

(表は2015年の観測データから)

夏の活動イメージ冬の活動イメージ