国立日高青少年自然の家 携帯サイト

国立教育施設って?

青少年教育施設の概要

■ 国立青少年教育施設

 青少年に家庭や学校では日常経験することができない心身の発達に必要な多様な体験を、大自然の中での活動を通して提供することにより、 次代を担うたくましい心豊かな青少年の育成を図ることを目的とした教育施設です。

 全国に青少年自然の家(旧自然の家)が14施設。青少年交流の家(旧青年の家)が13施設。東京にオリンピック記念青少年総合センターの合わせて28施設あります。

 北海道には、日高と大雪にそれぞれ青少年自然の家と青少年交流の家が設置されています。

 青少年自然の家では、標準の生活時間に沿った研修計画の事前提出や、他の団体との交流を目的としたつどいへの参加、利用施設の整理整頓や清掃などをお願いし、こうした活動も含めて研修計画を立てていただき、有意義に過ごしていただくことをお願いしています。

▲上へ